映画「ゴッホ、最後の手紙」


昨夕は、

一緒にゴッホ展に行った友人を
映画にお連れしました。


一緒には見てないのですが。


というのは、わたしは、2、3日まえに、もう見終わっているのです。


その映画は、

100人以上の世界中の画家が、ゴッホの絵を模写して、

それを元にして、絵によるアニメのような映画ができたのです。

世界で初めての試みだったようです。

予告編を見たときは、

面白そうだけど、なんだか途中で疲れそうだなあ。

と、思ったのですが、
ゴッホ展に行って、

やっぱり、ゴッホの自傷の経緯や ゴーギャンと暮らしていたこと ゴッホの死の真相も知りたくなったので、行ってきました。

予想に反して、とても面白かったので行ってよかったです。


ゴッホ展で見た、
お気に入りの絵が、たくさん出てきたし、
ゴッホの死の真相を ミステリータッチで仕上げていたので、わたしも惹きつけられました。
だから、一緒にゴッホ展に行った友人を映画に行くようにお勧めしたのです。

友人も見終わった後、

来てよかった。もっとゴッホの絵をみたいし、自分も描いていきたいと言ってくれたました。



あ、晩御飯ですか?

一緒に、
リンガーハットで 野菜たっぷりちゃんぽんを食べて来たのですよ。美味しかったことは、言うまでもありません。笑

今日も満足な1日でした。


| 映画 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

やっぱり、映画が好き




今日は、時間ができたので、映画に行きました。


見たのは、

「祈りの幕が下りた時」

見応えのある映画でした。

いつも、そういう時は、

帰りに、パンフレットを買って帰ります。



安くしてもらった分で、

映画の余韻に浸りたいのと、

映画に敬意を表するためと、

これからも、いい映画を作ってくださいと、 応援のためでもあります。


いい映画なのに、

平日昼間は、がら空きです。


また、時間を見つけて見たい映画が、たくさんあります。

わたしは、やっぱり、映像人間です^ ^
| 映画 | 19:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

厚意の連鎖 ペイフォワード



ペイフォワード

2000年に.アメリカで制作された映画です。

わたしは、ビデオで見ましたが、
忘れていました。

先日、友達から、ペイフォワードの話を聞いたので、思い出したのです。

意味は、


「人から受けた厚意を他の人に返す。」ということです。



そうすると、人の厚意の輪ができて、
世界が変わると聞きました。

わたしの行動に当てはめたら、どうなるのかなあ。

そうだ、このブログ、、、

誰かが話してくれたこと、
誰かが気づかせてくれたことを

こうやって、伝えて行くことも、

ほんの微々たることだけど、

ペイフォワード、
厚意の連鎖の第一歩。
これからも続けていきます。

| 映画 | 20:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

感動をありがとう



わたしの好きなことのひとつに 映画があります。

先日、

「ナミヤ雑貨店の奇跡」

を見てきました。


いけないことをして逃げてきた三人の若者が、
32年前の商店街に迷い込み

雑貨店で時空を超えて、

手紙のやり取りをしているうちに

心が変化していく、、、


始めは、うん?という感じでしたが、
どんどん引き込まれていって、

最後の方には、

もう、感動、感動でした。


尾野真知子って、年齢不詳ですね。


感動の余韻を消したくなくて、

パンフレットを買って帰りました。


少し前に見た

「3度目の殺人」の役所広司と福山雅治の
やり取りや、心の変化も、

おもしろかったなあ。

あと、「家族はつらいよ2」、

日本の映画、元気ですねえ。

しっかり味わわせていただいています。
| 映画 | 06:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

映像にわくわく!

 

 

みなさま、こんにちは。

 

今日から寒くなるのですね。

 

外に出るときは、冷えないように用心が必要ですね。

 

 

 

わたしは、映像人間なんです。

 

子どものころから、テレビっ子。

 

40代のころからは、映画が大好きになり、

 

多いときは、年間50本ほど見ていたものです。

 

 

先日、二日続けて泣かされました。

 

 

ひとつは、

 

テレビドラマで、

 

渡邊健と市原悦子が出ているドラマ。

 

「五年目のひとり」だったかな?

 

 

東日本大震災の津波で家族や親せきをすべて亡くした方々の

 

気持に向き合うことができました。

 

 

次の日に見たのは、映画

 

「聖の青春」

 

松山ケンイチが20キロも太って役作りをしたのが見たくて行きました。

 

が、内容の深い映画でした。

 

 

 

 

もちろん、ハッピーエンドのハリウッド映画や邦画も大好きです。

 

予告編を見ていると、

 

あれも見たいこれも見たいと、わくわくします♪

 

 

ですから、

 

60歳になるのが楽しみだったのです

 

だって、(当時は)1000円になるのですもの。

 

それに、

 

最寄りの映画館のカード会員だと、

 

6本見たら、一本無料になるし、

 

エグゼクティブシートに無料で座れるのですから、

 

使わない手はありません。

 

もう、最高です!

 

 

おまけ、

 

チケットの半券で、レストランが10パーセントOFF

 

うどんが、これまた、めちゃおいしい!

 

 

ここまで、お付き合いありがとうございました<m(__)m>

 

 

みなさまは、どんなことにわくわくされますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

| 映画 | 11:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

一目惚れ?

 昨日友達と会って、映画を見に行こうかということになりました。


まだ見ていない「ツナグ」を見ようと思いましたが、


お互いにいまいち触手が動かないので、食事と買い物をして別れました。

 

そしたら、今朝のテレビで「ツナグ」を紹介していました。


ツナグである主人公が、お母さんを亡くして悔やんでいる依頼人を


そのお母さんに一度だけ会わせるという設定です。

 

お母さん役の八千草薫さんが言ったひとこと。

 


「あなたが決めたことだから、何の後悔もない」

 

これを聞いてわたしは、来週早々にこの映画を見に行こうと


決めました。

 

一目惚れならぬ「一耳惚れ」をしました。


| 映画 | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
ハローでつながるWeb広場
ハロー!でつながるみんなのブログ
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM